名称

アーバンドックららぽーと豊洲

住所

〒135-8614 東京都江東区豊洲2-4-9

電話番号

03-6910-1234

駐車場

あり

営業時間

費用

Instagram

利用者の感想

東京湾の湾奥に位置する豊洲は、現在も都市再開発が進み、対岸の晴海では2020年に開催が予定されている東京オリンピックに合わせて現在、急ピッチで工事が行われています。この豊洲地区の再開発のシンボルともいえるアーバンドックららぽーとの敷地内に、ILIOのドッグランがあります。

遊覧船が発着するドッグを見下ろす中庭の建物際に設けられています。こちらは、都内の天然芝ドッグランとしては最大規模となるそうです。確かに満足の行く広さでした。ただ、前面が天然芝であるかのように、公式サイトでは紹介されていますが、かなり芝ははがれているというか、もしかしたら開業当初はそうだったのかも知れませんが、2016年現在でいいますと、むしろ禿山状態でした。

禿山といいますのは、敷地全体がなだらかな丘陵のようになっているから、そういう表現をしました。この丘陵は人工的に盛り土をして築かれたように見えますが、あえてこうしたのは、土を高く盛ることで前面に広がる東京湾の光景を犬と一緒に楽しめるようにという配慮からなのかなとも思いました。

それほどこの場所からの海とお台場の見え方は素晴らしいものがあります。ドッグランのちょうど正面に、お台場とレインボーブリッジを見渡せるロケーションです。その見え方もドッグランに起伏があることと、湾曲がとられていることで、犬と小走りをすると、いろいろと違った感じに見えるのが、とても面白かったです。

走りつかれた後は店内で犬と一緒にくつろぐことができ、そこからも広々としていてお洒落なららぽーと豊洲の中庭越しに海を見ることが出来ます。これで平日料金が30分で500円でしたから十分に満足できました。今回は愛犬のチワワと遊びに行きましたが、これだけの広さがあれば柴犬を連れて行っても大丈夫だと思いましたので、次回はぜひそうしたいと思わせるワイルドなドッグランでした。

地図