予防接種について

予防接種が済んでいない犬を連れていってもドッグランには入れてもらえません。他の犬に病気が移ってしまう危険性があるためです。必ずドッグランへ行く前に、予防接種や治療は済ませておきましょう。そして施設によっては注射済票を確認される場合もあるので、交付された注射済票は首輪につけるなど、対応するようにしましょう。

躾について

ドッグランなどに出かける前に、待て等の躾けができているかということです。ドッグランは公共の施設であるため、ご自身以外にも沢山の人が利用します。そのため、例えば他の犬を威嚇してしまう、追いかけまわして怖がらせる、怪我をさせてしまう、無駄吠えする等は、迷惑行為となります。普段から躾けをしっかりと行っておくことがマナーです。

もし問題行動を起こした場合は、速やかに「駄目!」「待て!」とコマンドを出して、愛犬の迷惑行為を止めましょう。普段からこうしたコマンドができていればすぐに止めると思いますが、躾けをしていない場合は、いきなり叱っても何が駄目なのかを理解できない犬もいます。

そろそろ帰る時間だという時も「おいで」と言ったらすぐに飼い主の元へ戻ってくることが理想的です。よく閉園時間を過ぎても犬が帰るのを嫌がることがあります。嫌がってしまうとドッグランの施設スタッフに迷惑をかけてしまいます。犬から目を離さないことが一番なので、ドッグランで遊ばせている間も注意して愛犬の様子を見ておきましょう。

他の犬について

他の犬に慣れておくことです。犬によって性格も様々ですから、中には知らない犬が苦手、怖いと思ってしまう犬だっています。そんな状態でドッグランへ連れて行っても犬は思いっきり遊べませんし、逆にストレスになってしまうこともあります。普段からお散歩や犬同伴で入れる飲食店等で、違う犬に慣れさせておきましょう。

ゴミについて

自分が出したごみは持ち帰る、犬の排泄物はきちんと処理して持って帰ることです。ドッグランによっては持ち込みしてはいけない物、例えば飲食物等と決まりごとがあります。そちらをよく確認しておき、もしもゴミが出た場合はそのまま放置しないで持って帰って捨てましょう。そして愛犬の排泄物もそのままにせず、ちゃんとスコップ等ですくって袋に入れて持って帰る、排泄した場所には水をかけて臭いを消す等しておきます。より綺麗に公共の施設を保つため、ルールを守りましょう。

車移動について

ドッグランは、大抵の場合繁華街から少し離れた所にあることが多いのです。そのため移動は車が多くなりますが、ここで犬を車に乗せて移動する際の注意点をご紹介致します。

まず1つ目に、犬を車での移動に慣らせておくことです。犬によってはすぐに順応してくれる子もいますが、大抵の犬が「知らない場所が恐い」、「自分の地面が勝手に動いている事が恐い」とストレスを溜めてしまう場合があります。こうしたストレスが溜まると車=恐い物だと思ってしまうので、車に乗る事を嫌がったり、無理やり乗せると暴れてしまう危険性もあるのです。ですから車=楽しい物だと覚えさせてあげましょう。特に、よく車で獣医へ行っている方は要注意です、犬は賢いので車に乗ったら恐い所(獣医)へ行くんだと覚えてしまうこともあります。その場合は獣医へ行った後に楽しませてあげる、遊んであげる等のケアも必要ですね。

2つ目に、排泄は家を出る前に済ませておくということです。車の中で排泄してしまったら、臭いもついてしまいますしシミになるとなかなか取れないし大変です。車に乗る前やそれが駄目なら、移動をしている間に時々下して排泄をさせてあげてください。

3つ目に、車に乗る前に一杯ご飯を食べさせると吐いてしまうことがあります。高速を運転中ですと急に止まる事ことは危険ですし、なかなかできません。ですから車に乗せる前に沢山食べさせてしまうことは、控えておきましょう。

4つ目に、車内の温度にも気をつけておきましょう。あまりに暑い、または寒い車内では犬も風邪を引いてしまいます。それに、サービスエリア等で休憩する際も、犬を車に乗せたままトイレへ行く場合は、熱中症にならないように車内温度を一定に保っていてあげましょう。エンジンを止めた車内はすぐに暑く、または寒くなってしまいます。

5つ目に、窓を開けて運転すると犬が飛び出してしまう危険性があります。犬も外の景色を見たいだろうと思って窓を開けて走行していると、そのまま窓から道路へ落ちてしまうこともあるのです。特に小型犬は体が小さいので何かの反動でぴょんと落ちてしまいやすいので、気を付けてあげてください。窓を開けない、そしてシートの下に落ちないようにクッションを敷く等もしておくといいでしょう。