全国ドッグランマップ

ドッグランについて

愛犬家の皆様の中には、まだドッグランへ行ったことがない、という方もいらっしゃるでしょう。ドッグランはある程度の塀や柵で囲われたスペース内で、リードから離した犬をある程度自由に走らせ、遊ばせてあげる場所または施設のことです。普段はなかなか散歩させてあげられない、思いっきり遊ばせられる公園が近所にない場合は、こういった施設へ連れていってあげると良いでしょう。

無料もしくは、有料のところがあり、最近では旅行や帰郷で飼い主と遠出する犬用に、サービスエリア等に併設されているところも増えてきました。「リードをつけていないんだったら、犬が興奮して道路に飛び出してしまったり、どこかへ行ってしまわないか」と心配になるかもしれません。

しかし、ドッグランは犬の安全のために、逸走防止の二重ゲートを設置したり、道路から離れた安全な場所に建てている場合が多いのです。大体、ドッグランの床は草地で芝生が敷かれていたり、もしくはウッドチップを厚く敷いていることがあります。これは、もしも暑い夏に遊ばせる場合、アスファルトだと犬の肉球がアスファルトに溜まった熱で火傷をしてしまうことがあるからです。他にもタイルで舗装されている、または土の場合もあります。

そしてドッグランの設備内には様々な、犬が喜んで遊ぶようなアジリティー、所謂犬用の遊具も準備されていることがあります。どんな物があるのかというと、例えばトンネル、ハードル、シーソー等です。こういったアジリティーのあるドッグランで遊べば、より犬も体を動かして楽しめます。

それから遊び疲れた犬がいつでも水を飲めるようにと給水設備を整えている施設もあるのです。犬はその種類によって体格差がありますから、小型犬は小型犬スペース、中型犬スペースに大型犬スペースと、体の大きさごとにドッグラン内に仕切りがある場合もあります。もしも飼っている犬が小型種で、中・大型種を怖がる場合は、こういった仕切りのあるところへ連れて行ってあげるといいですね。

ドッグランには飼い主が休憩するスペース、日陰用の立木がある他に、犬が同伴で入れる飲食店を併設しているところもあります。もしも愛犬をドッグランで遊ばせた後に休憩をしたいと思ったら、こういった施設が併設されているところを選ぶといいでしょう。

新着情報

2016年06月28日
2016年06月26日
2016年06月26日

#ぷれいんぐどっぐ(Instagram)

タグ一覧